胸下がりタイプ

●胸下がりタイプ
かかと―背中が壁についていても、お尻がつかない。胸の位置と骨盤の位置がずれていて、体のバランスが崩れたタイプ。munasagari

解説)運動不足や加齢、日常生活の悪さが原因で姿勢バランスが崩れてしまいます。特に胸下がりタイプは、見た目からも老けたように見えたり、疲れているように見え、見た目を大きく悪化させます。
さらに、関節部への負担も増加し、痛みや痺れなどの原因となるので注意が必要です。

 

投稿者:

Yuichiro Abe

美姿勢とスタイルアップで、あなたのこれからの人生にHappyを!!