キッズフィットネスの紹介

キッズフィットネス

子どもの為のカラダと動きを改善する教室です!

昨今、子どもの運動不足や活動量の低下、運動能力の悪化が懸念されており、その原因として現代社会の居住環境や遊び場所の減少など、様々な要因があります。

子どもは人間(ヒト)として成長していく中で、獲得するべきカラダの機能があり、それらを獲得するために必要な経験と環境が重要になります。

日常、家庭や学校だけでは足りない運動経験を、効果的に且つ、楽しく実施するのが「キッズフィットネス」の教室です。

12歳までにやっておきたい、動きづくり

子どもの運動神経や体の機能を獲得する重要な期間は、ゴールデンエイジといい12歳までに身体の動きや運動神経などを獲得するといわれています。

この時期に最適な運動経験をする事が、子どものカラダづくりにおいては非常に重要となります。

発育発達理論

人間の発育発達の過程は、乳児期~幼児期を経て成長をし、人として立ち歩き(直立二足歩行)、その次に様々な能力を獲得します。

子どものカラダや動き改善する為に、本質的に何をすべきでしょう?

例えば、運動すること、走ることなどが苦手や不得意な児童に対して、カギとなるのが発育発達の過程です。

何らかの運動機能や動作などが未熟であったり、苦手であったりする場合、その原因の一つとして成長段階において、獲得する能力がしっかりと獲得できていないとその後のカラダの状態に影響を与えると報告されています。

特に乳・幼児期の運動経験、発育発達の過程が重要です。

例えば、ハイハイや四つ這いでの運動経験があまりなく育った子どもは、その後のカラダの運動機能や骨格形成などに影響を与えると言われています。

こけても手を付かずに顔面を怪我をしたり、一定の運動動作が苦手になったり。

人間が本来獲得するべき基本機能を、再学習したり、エクササイズの要素として取り入れることで、本来あるべきのカラダ(カラダの土台)をつくります。

大人になっても・・・

人間にとって重要なカラダの機能や状態を、この時期(ゴールデンエイジ)に獲得することが重要です。

無理なく自然に動けることで、動くことや運動、スポーツを楽しむことが出来ます。

そして、人間は「動く」ことを通じて、人生を実りあるものにしていきます。

現代社会において運動不足が蔓延しています。
(肥満、生活習慣病、動脈硬化、精神障害、慢性的不定愁訴など)

これらの病気や疾患は、運動不足も大きな要因になります。

子どもの頃から「動くことの楽しさ」を得ることで、その後の成人になっての人生に大きく影響することは想像に容易いことです。

 

教室の内容

◎ウォーミングアップ

運動の効果を最大限に高める為に、毎回必ず行います。
正しい動作で行うことで、姿勢や動きの改善に繋がります。

◎足が速くなるトレーニング

腕の振り方や、脚の上げ方など基本的な動きを練習します。
正しくフォームを改善するだけでも大きく走力は向上します。
子ども達が運動会で活躍できるように力を入れています!!

◎ジャンプ力を高くするトレーニング

全身の力を使って、上手に地面を蹴れば高くジャンプできます。
上半身と下半身を連動させるフォーム習得を反復で練習します。
学校のスポーツテストで立ち幅跳びがあるので、対策も行っています!!

◎俊敏性、瞬発力を高めるトレーニング

これらは、カラダだけではなく脳からの伝達の速さが重要です。
一瞬の判断でカラダを動かす練習や、ラダーを使って素早く動けるカラダを作ります。
脳の発達にも繋がるので、運動以外でも役立ちます!!

 

◎クールダウン

元気いっぱいの子どもでも筋肉の疲労は溜まります。
しっかりとストレッチを行い、疲労回復を促します。
健やかな成長の為にカラダが硬い子は、今のうちに柔軟性を高めておきましょう。

☆体力測定会

定期的に走力や跳躍力などの測定を行います。
能力を数値化することで、目標が明確になります。
また記録が伸びると、カラダを動かすことがどんどん好きになります。

 

是非この機会にブランカの「キッズフィットネス」へご参加ください♪

◎毎週土曜日 9:00 ~ 9:45 ※不定期に木曜夕方開催あり。
◎体験料 500円 ※各定員8名
事前にご予約下さい。  082-820-0777

キッズフィットネス教室

2018.08.04

キッズフィットネス教室(バランス)

2018.06.18